TOP  >  設立趣意・会則   >  

設立趣意

2023年9月1日

皆様方のご理解とご協力によって、2015年(平成27年)4月1日に私立医学部・私立医科大学附属病院臨床検査部長会が設立されました。会員資格を有する施設76施設のうち、これまでに53施設から入会届を提出していただいております。
また運営費として年額1施設5,000円をいただき、事務局で管理しています。会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日までです。

1. 主旨にご賛同され入会をご希望の方は入会届に必要事項をインプットし、添付ファイルにてお送りください。そして今年度 5,000円入金をお願い致します。

2. すでに入会届を提出されている施設の方(前任者が提出されている場合も含む)は、入会届の提出は必要ありません。
今年度分の年会費 5,000円のお支払をお願い致します。

平成27年3月19日

「私立医大病院中検部長・技師長研修会」が各担当施設の持ち回りで毎年夏をめどに行われておりますが、技師長会ではきちんと組織的な活動が行われているにもかかわらず、部長会は参加人数も少なく、運営も担当施設に任されています。
ほとんどの担当施設では開催するにあたって自らの医局費などで充足しているような状況です。
また国立および公立には同様の組織が活動しておりますが、我々私立の組織は形として明確なものがありません。
そこで2年ほど前から議論を続けた結果、平成26年11月24日の臨時部長会で、会則を定め、組織を建てることが決定しました。
具体的には平成27年4月1日から立ち上げ、運営費として年額1施設5,000円をいただき、事務局で管理するということになりました。

入会については、こちらをご覧ください

MENU